フリーランスエンジニア向け案件・情報・求人サイトならHORNOにお任せ♪

フリーランスエンジニア向け案件・情報・求人サイト|HORNO[オルノ]

インタビュー詳細

エンジニアにとってのチャレンジとは?

仕事をする上で、さまざまな試練にチャレンジしなければならない局面は必ずやって来ます。また、やがて来る試練に備えて、こつこつと自分磨きをすることも、ひとつのチャレンジでしょう。

システムエンジニアの先輩たちは、今までにどのようなチャレンジをしたのでしょうか。この記事では、山下将史さんと塚本慎一さん二人のシステムエンジニアの方々(ともに株式会社ダイヤモンドファンタジー勤務)にチャレンジにまつわるお話を伺ってみました。

フリーランスは、仕事を取ってくること自体がチャレンジ

-今までのキャリアで「これはチャレンジだった」と思うことは?

山下「私には、4年間、フリーランスとして働いた経験があるのですが、『自分で仕事を取ってくる』こと自体がチャレンジでしたね。会社員の場合、自分から『この案件、やらせてください』と直訴することも時々はあると思いますが、基本的には上司から『やってくれ』と言われたことをやります。しかし、フリーランスは、すべての仕事を自分の基準で選んでいいわけです。採算が合うかどうかといえばギリギリだけど、内容がおもしろそうだからやってみる、あるいは依頼主の熱意に打たれて意気に感じたから請ける、という判断もアリなんです。実際、仕事の単価が少々下がっても、結果的に、年収は会社員時代より上がっていました」

評価技術の向上のためにJSTQBを取得

-塚本さんはいかがですか?

塚本「私の仕事はシステムの品質管理で、ソフトウェアをテストし、評価・検証しているのですが、この“評価”という仕事は技術的なチャレンジだと思っています。毎回、違うテストをしていますから、作業内容も変わりますし、それによって評価基準も変わります。テストの結果、障害が発生した際は、どの部分から修正するかを開発部門と相談します。あるいは、仕様の問題である場合は、マニュアルに記述して運用的に回避する方法を採ることもあります」

-評価技術の向上のためにチャレンジしていることは?
塚本「JSTQBを取得しました。これは、世界標準のソフトウェアテスト技術者資格の日本版ですね。それに、テストのたびに新しい技術を覚えることも、チャレンジのひとつと言えると思います」

失敗は、成功する方法を見つけるための手段

-チャレンジの結果、失敗したらどう乗り越える?
塚本「テストって、毎回どこか失敗はするんです。ただ、同じ失敗を繰り返さないために、どうするかが大事です。うちのチームの場合は、失敗したらその場で改善案を出すようにしています」
山下「私は、失敗というのは『うまくいく方法を見つけるための手段』だと考えています。一度失敗しないとわからないこともたくさんありますから。それに、物事が上手く行っている時よりも失敗した時の方が、得られるものが多いと思います。」